自動車のはじまり

自動車のはじまり

自動車のはじまり


 


 



「自動車」と言えば、まず頭に浮かぶのは何だろう?

恐らく大多数の人の頭の中に浮かんでくるのはトヨタ、ホンダ、日産、三菱、スバル、ダイハツ、スズキなどといった国産自動車メーカだろう。

我々が住む日本では家から一歩外に出れば自動車が必ずといっていいほど目に入る。

無くてはならない交通手段の一つである。

そんな自動車にも歴史がある。

自動車というものが存在する以上作った人間がかならずいるのは当たり前の話。




現代のような動力がついた自動車というものが発明されたのは18世紀だと言われている。動力は今のようにガソリンやジーゼルエンジンではなく、蒸気機関を動力源とした自動車だった。

そのような動力付きの自動車が発明される前までは人間が重いものを運ぶために、ころや車輪のついたものを使用していた。

それに動力をくっつけたものが18世紀に現れた蒸気機関を用いた車である。

蒸気機関を動力源とする前も動力がついた自動車は考案されたのだが、ぜんまいのようなバネを用いたものや、風の力を利用したものなど実用的ではなかった。

19世紀になりドイツのオットーが4サイクルのエンジンを発明し、同時期ぐらいにイギリスのクラークが2サイクルエンジンを発明した。


 


 



現代のような動力がついた自動車というものが発明されたのは18世紀だと言われている。

動力は今のようにガソリンやジーゼルエンジンではなく、蒸気機関を動力源とした自動車だった。

そのような動力付きの自動車が発明される前までは人間が重いものを運ぶために、ころや車輪のついたものを使用していた。

それに動力をくっつけたものが18世紀に現れた蒸気機関を用いた車である。

蒸気機関を動力源とする前も動力がついた自動車は考案されたのだが、ぜんまいのようなバネを用いたものや、風の力を利用したものなど実用的ではなかった。

19世紀になりドイツのオットーが4サイクルのエンジンを発明し、同時期ぐらいにイギリスのクラークが2サイクルエンジンを発明した。

そして、あの有名なダイムラ(ゴットリーブ・ダイムラ)が初めて4サイクルエンジンを用いたガソリンエンジン付きの自動車の制作に成功したのである。

ジーゼルエンジンにいたっては19世紀のもう少しあとになってルドルフ・ディーゼルによって発明され、自動車という形で世の中に登場したのは20世紀になってからである。

ちなにに日本で純国産自動車が製造されたのは1904年。

この時は蒸気機関のエンジンを用いた自動車だったがその後1907年になりガソリンエンジンを用いた乗用車が制作されている。